ブログ

安城建築
モデルハウスの詳細はこちら

Blog
社長日記

月別アーカイブ:2008年2月

見学会

2008.02.28

2008.3.8徳永OH2008.3.8T邸OH2暴風と寒さの中、今回も多数のお客様にご来場頂きこころより感謝。以前にもお伝えした通り、お客様のプライバシーを尊重し限られたお客様のみ告知させて頂いた。(ホームページにも告知はしておりません)

今回は、敷地面積42坪、延べ床面積32坪と少々小さめの家であるが、シューズクローク、吹き抜け、アイランドキッチン、全館空調システム(セントラルヒーティング)を備えながら、弊社のモデルハウスの間取りであるオープンプランニング(1階部分では家族の顔が見える間取り)の設計思想を忠実に再現した。このオープンプランニングという海外の設計手法を取り入れることにより、限られた面積でもより広々とした室内空間が可能となる。お陰さまで来場されたお客様の多くの方々に高い評価を頂いた。

長期に渡り弊社のファンであるご家族のある方は、その居心地の良さから3時間程滞在して頂いたかと思う。「安城建築を知らずに輸入住宅を造る方は可哀想だと思う」とまで仰って頂いた。このお客様は、実際に海外赴任のご経験もあり、その様な方から評価を頂くことはとても仕事冥利に尽き、とても嬉しく思う。

お客様の多さと来場された方々の滞在時間の長さにお手伝いに来て頂いた協力業者の女性スタッフの方もこんな見学会は始めてだと驚いたと話してくれた。

この家の最大の特徴は、南と東に隣接した住宅と北側道路という一般的に悪条件が重なった土地と言える。その理由は日当たりと北側に玄関を設けた場合、通常トイレや浴室が玄関側に来てしまい、家のデザインを造り込むことが難しくなる為である。しかし、この家は、北側の玄関側をしっかりとデザインし、見えない他の3方は簡略化し、コストの低減を図った。そして、北側道路で快適に暮らす工夫として、セントラルヒーティング(全館空調システム)とスカイライト、吹き抜けを組み合わせる事により、明るく且つ家中が快適温度の室内空間を実現することが可能となった。

北米の町並みを見ると、道路にお尻を向けた家は無い。北側道路でも必ず家の顔となる様に設計されている。それは家を売却する際にもとても重要な要素であり、ユーザーがこんな家なら暮らしてみたいと思える様な家にすることで家の資産価値は持続する。

北米では、全館空調システム(セントラルヒーティング)が
住宅に設置されるようになったことにより、北米で北側道路でもデザインを崩さない間取りを実現可能となった。

最後に見学会にご協力頂き、「安城建築さんはこれから必ずもっと広がって行きますよ!」と仰って頂いたお施主様のT様に心より感謝。

創業昭和四年 安城建築 浅井宏充

安城建築の家づくり

2008.02.15

安城建築の家づくりは、一棟、一棟全て手作りです。下記の様な手順で進めています。

・西洋建築を専門分野とする建築家による、お客様のライフスタイルと美しい外観デザインを兼ね備えた図面を創り込みます。現在弊社では、決められた間取りの中で選択して頂くのでは無く、テレビ番組ビフォー・アフターの様に打ち合わせを繰り返しながら図面を作り込んでいきます。(規格型住宅も思案中)

・出来上がった図面は、ツーバイフォーの構造を熟知する構造設計士にバトンタッチされます。充分な強度を持たせながら、装飾が付き建物が仕上がった時、図面通りの美しいデザインになる様に考えながら、構造図を仕上げていきます。

・西洋のインテリアを熟知するインテリアコーディネーターと共に図面に表現しきれない部分やインテリアコーディネートにより、より魅力的な住宅に変身させていきます。

・西洋建築に対し、探究心を持つ現場監督と熟練職人の共演により、図面には表現することに出来ない細部微妙なバランスを考慮し、且つ、可能な限り長期に渡りメンテナンスフリーな住宅になる様に造り込んでいきます。

上記の様に、通常の住宅とは異なり、専門知識と志しを持った限られたチームメンバーでなければできない部分が多い為、大量生産に対応できないことをご理解頂きたく思います。

安城建築は、知る人ぞ知る小さなブランドであり続けたいと考えています。
2.15K様邸 001 2.15K様邸 002

2.15K様邸 003 2.15K様邸 004

創業昭和四年 安城建築 浅井宏充

日本最大級のNゲージジオラマ(鉄道に関心がない方は読んでも面白くないと思う)

2008.02.12

ジオラマ 2.12日本最大級のNゲージジオラマ(街を本物の様に再現し、その中を走る鉄道模型)が足助にある。新幹線のフル編成16両が短く感じる程巨大である。このジオラマを専門業者に製作依頼した場合を尋ねた処、その価格に耳を疑った。一桁違うんじゃないの?という、「大凡5000万」と言われた。それが、たった500円(60分間)で楽しめるのは実にありがたい。(列車の持ち込みも出来るし、無くてもレンタルしてくれます)

更に驚いたことに、最新のコントローラー(実際の運転方法同様のコントローラー)とトミックス(鉄道模型の老舗)の社運を賭けたけた新型N700系新幹線は集電方法が新開発され実車同様のスローな動きをする。ブレーキのタイミングは非常に難しいが、これには正直言って鉄道模型ファンでもなくても嵌る。実車の場合は更に難しく、乗客の数や天候によってブレーキのタイミングは異なり、職人技が無ければ停止線ピッタリには停車できない。

余談だが、最近話題となっている大宮の鉄道博物館のHOゲージ(Nゲージよりひと回り大きい鉄道模型)のジオラマの制作費は、更に桁が違い7億程度らしい。まだ、訪れたことは無いが、見学する価値は十分にあると思う。

創業昭和四年 安城建築 浅井宏充

築11年を迎えた輸入住宅第一号の家(モデルハウス除く)

2008.02.09

モデルハウスを除く安城建築輸入住宅第一号宅が築11年を過ぎた。窓の一部に不具合があり、ご迷惑を掛けてしまった経緯があるが、先日奥様と少々お話しする機会があり、大変喜ばしいお話しを頂いた。「築11年を過ぎても全然古さを感じないし、セントラルヒーティング(全館空調)も入れて頂いて本当に暮らしやすく、大変満足しています」と感謝された。

お客様のご両親も、安城建築の創業者である、私のお爺さんからの大切なお得意様だった。息子様が新築されるにあたり、強力なご両親からの勧めで、当初大手メーカーと迷われていた息子様からも弊社にご依頼を頂いた。

一昔前のことなので、旦那さんはもうお忘れだと思うが、この家が完成した時、「本当によくここまでの家を造ってくれました。ありがとうございます」と旦那さんから両手で強く手を握られた。

その時の感動は今でも忘れない。この時ほど、この仕事をして本当によかった。としみじみ感じた。帰り道、道が霞んで見えなかった。

時折、今でもモデルハウスに訪れるお客様で、この家の近所に暮らすお客様から、「あの素敵な家は安城建築さんが建てられた家ですよね?」と尋ねられることがある。自画自賛になるが、築11年を経ても賞賛される家はそんなに多くないと思う。私たちが12年前にこのミッションに取り組んだ使命感をひとつ果たしたと思う。

S邸 11年

創業昭和四年 安城建築 浅井宏充

フレーミング(建て方)

2008.02.07

現在、お施主様は海外赴任中の為、現場を訪れることは多くても数回程度となる。その為、信頼できる職人に造って欲しいという気持ちは特に強かったと思う。

この大工さんとの付き合いは長く、21年前。親方(お父さん)と親子で共に働いていた。とてもよく動く若者だった。

その当時、何も分からない私も親方には何かとお世話になった。今では息子さんも若い衆をまとめる頼もしい親方である。

写真の作業風景は、現場にてゼロからガッチリと組み上げる純粋な北米式ツーバイフォー工法によるものである。2階の柱まで組みあがってきた。外壁の合板が張っていないのは、より強固な純粋な北米式ツーバイフォー工法の証。一番弱い部分である1階の床と1階の壁、1階の壁と2階の床、2階の床と2階の壁を4フィート×8フィートの大判の合板を全てまたがせて張る。

クレーン車でパネルを組み立てるパネル式ツーバイフォー工法と比べ、手間は掛かる。しかし、同じ材料でより丈夫な構造となる。施工中雨に濡れるということもあるが、ツーバイフォー工法を専門に手掛ける大工さんは自身の家を建てる際、この工法を迷い無く選択している。
M邸 フレーミング① M邸 フレーミング②

創業昭和四年 安城建築 浅井宏充

オープンハウス

2008.02.05

O邸 完成① O邸 ストーブ O tei 2

お客様のご協力により、完成現場見学会を開催し、今回も一切の宣伝広告はおこなわず、会場の広さも考慮し、一部のお客様に限って半日間だけの見学会だった。驚くことに、半日間で27組の安建ファンの方方に貴重なお休みを割いてお越し頂いた。超混雑の為、殆んどお話しすることの出来なかったファンの方に申し訳なく思う。

何より、嬉しかったのは、お施主様自らご夫婦で接客して頂き(勿論、ロハ)、お弁当や栄養ドリンクまでも差し入れて頂いたこと。(通常、お客様のご負担になりますので、やんわりお断りしています)オープンハウスをさせて頂くにあたり、逆に弊社がお礼をしなければならないのにも関わらず・・・・。O様には心より感謝。

O様との打ち合わせ時に分かったことだが、O様は以前、故木場隊長時代ボーイスカウト安城第一団に所属し、私の後輩だった。木場隊長は、とても気性が激しく、超ワンマンでメチャクチャに厳しい伝説の隊長だった。しかし、今思えば、強さと弱さを包み隠さず、子供の様にピュアだった隊長を尊敬していたし、生きる逞しさを教えて頂きとても感謝している。

O様が薪ストーブにこだわられたのもボーイスカウトでのキャンプ体験からだろう。

家に、「自らの生き方」を表現し、「癒しの空間」ができることはとても素晴らしいと思う。

引越しされ少し落ち着かれたら、お邪魔したいと思う。薪ストーブを囲い、「数々の伝説」、想い出話しには尽きないと思う。

創業昭和四年 安城建築 浅井宏充

カテゴリー

アーカイブ


モデルハウスのご案内