ブログ

安城建築
モデルハウスの詳細はこちら

Blog
社長日記

月別アーカイブ:2008年9月

「私は幸せですか?」

2008.09.22

昨夜、東海テレビで知覧特攻隊の奉仕をしていた「なでしこ隊」のドキュメンタリードラマを見た。特攻隊員は人間の神とされ、笑顔で出撃していったと美化されていたが、実はそうではなかった。

結婚式直前に出撃命令をされた穴沢少佐が婚約者に残した遺書には、「自分のことは忘れて、幸せになって欲しい」と綴りながらも、最後は「会いたい、話したい」と、どうしても抑えきれない感情がひしひしと伝わってくる。想像を絶する壮絶な死生観の葛藤があったに違いない。翌日穴沢少佐は、婚約者である智恵子さんのマフラーを巻き、南の海に消えていった。

戦後63年、婚約者だった智恵子さんは、独り穴沢少佐慰霊と遺品の吸殻と共に暮らし続けている。智恵子さんは言った。

「鏡を見ると、しわくちゃのおばあちゃんだけど、穴沢さんの慰霊の前に立つと、若き日に穴沢さんに会ったあの時の私に戻ります」「穴沢さんが身につけていた遺品はこれしか無いのです」と、大事そうに小さな木の箱に入った吸殻を見せてくれた。

このドキュメンタリーを製作中に発見しただろうと思われるが、穴沢少佐の実家に保存されていた穴沢少佐の遺品である軍服と智恵子さんが再会するシーンがあった。

智恵子さんは丁寧に手に取ると、思わず軍服を顔に押し付け、感極まり、号泣された。
戦後63年、智恵子さんの緊張の糸が切れた瞬間の様だった。
63年、穴沢少佐を愛する相変わらぬ想いに強く心打たれた。

知覧は私も何度も訪れたことがあり、自分が考えさせられた場所として社内旅行でも訪れた。

私もそうだが、人は誰でも相対するものが無ければ、自分が幸福なのか不幸なのかまでも解らなくなる。特攻隊員の心情と比べたらあまりにも小さなことで悩んでいる自分が居る。

私が時々、知覧を訪れるのはその様な理由からである。

創業昭和四年 安城建築 浅井宏充

超長期保証のからくり

2008.09.19

某大手住宅メーカーで2世帯住宅を建てられた行員の方から聞いた実話である。

築10年を迎え外壁塗装の保障期間が過ぎた為、以後保証を希望される場合は、弊社での塗り替えが必要となります。というお知らせがあったという。

見積りをしてもらうと、330万!! 「他社の施工では今後一切保証の対象外になります」と言われ、仕方なく依頼されたという。その後も陸屋根(フラットな屋根)の防水の保障が切れ、再防水工事に200万。屋根の防水も外壁塗装同様の理由からだという。

確かに他社が施工したものが保証対象外になるということは理解出来る。しかし、金額の高さに驚く。外壁塗装に関しては、通常価格の大凡2.5倍。防水価格は、大凡2倍の価格であり、常識を遥かに超えた価格である。

これだけの利益率があれば、30年間無料点検、50年無料点検も当然である。ある意味、ユーザーの弱みに付け込め、ライバルが全く居ないこのビジネスは究極のビジネスモデルといえる。しかし、「信頼」ということになると、良好な関係は築けなくなるだろう。我々地域工務店にはとても出来ない。

一見、「安心」と思われる超長期保証は上記の様なからくりがある。

創業昭和四年 安城建築 浅井宏充

高気密高断熱住宅に思うこと

2008.09.18

これから家を建てようとされる方皆様、高気密高断熱に関心を持たれている。ただ、ユーザーの多くが高気密高断熱住宅にすれば、快適な家になると勘違いされていると思う。

この話しをすると皆さん驚かれるが、どんなに断熱性能に優れていたとしても、それは熱伝導が遅いだけであり、室内を冷暖房出来るシステムが完備されていなければ、いずれ外部の熱は伝わってくる。

弊社の事務所には次世代フロンを使用した現場発泡のウレタン断熱材が施工されている。真夏でも全館空調システムの温度を下げると、途端に寒くなる程の断熱性能がある

帰社時に空調システムを切ったとしても翌日の10時頃までは、極めて快適に過ごすことが出来る。しかし、それ以上空調を止めておくと今度は熱がこもり始める。これはどの様な断熱材でも同様の現象が起こる。昨今では米国より遮熱という考え方も加わり、この様な熱のこもり対策に極めて有効な施工方法も認知され始めてきた。しかし、超高性能な断熱材+遮熱材を使用したとしても、高気密高断熱の住宅には空調システムがなければ、全館を快適な環境にすることは無理である。

高気密高断熱を売りにする会社の中には、「弊社の建物は超高気密高断熱+24時間換気システムがあるので、ルームエアコンが2台程度で家中が快適に過ごせます」とうたっているところもある。しかし、本当だろうか?おそらく、その方自身が同様の家に暮らし、体感された経験談ではないと思う。計算上の机上論ではそうかもしれないが、実際にその様な条件で全室をむら無く快適にすることは出来ない。
おそらく、超ハイスペックな断熱仕様にする為の費用が掛かり過ぎ、本体価格が高くなり、コスト的な制約の為、全館空調を導入することが出来ない理由からだと考えられる。

高気密高断熱を希望されるユーザーの方の最終目的は、「夏冬、家中どこに居ても快適な温度の暮らしをしたい」ということだと思う。高気密高断熱を部分的な数値だけで捉えるのでは無く、快適な暮らしの実現は、様々な要因の組み合わせだと考えて頂きたい。

創業昭和四年 安城建築 浅井宏充

料理と家づくり

2008.09.18

先日、妻が不在の際、子供たちに冷凍ギョーザを作る機会があった。

「おとうの作る餃子はマズイ!!」

ムッとしたが、確かに焦げ具合も味も妻の作る餃子とは違いかなりイマイチである。
同じ冷凍餃子でも、作り手によってこんなにも違ってしまうことに気付いた。

冷凍餃子と比べ、家の場合は、設計から異なる。同じ建材を使用して同じ建築費用を要しても完成した家は全くの別物となってしまう。勿論、ユーザーの満足度も。

料理も家づくりと同様だと気付いた。

創業昭和四年 安城建築 浅井宏充

安城建築の標準仕様

2008.09.15

現場の引渡しの際、お客様が「安建さんは、大手メーカーさんに比べ本当にお値打ちだと思います」とおっしゃった。
同日、これから始まる新しいプロジェクトを共にさせて頂く建築家の方も同様のことをおっしゃった。
そして、先日もツーバイフォーの構造を専門に手掛け、大手住宅メーカーでインストラクターを務めていた経験もある大工からも同様の話しを聞いていたのを思い出した。

共通する話しは、「標準仕様の基準」である。安城建築としては、当たり前の仕様だと思っていたが、実は当たり前ではないらしい。内容としては、以下のことが思い当たった。

□より耐震性の高い建物にする為に、正式な北米式インチフィートモジュールと組み立て方法の採用(一般的に多いのは、モジュールだけ採用し、レッカーによりパネルで造られる工法)

□キシミの無い階段にする為に、構造材での階段下地の作成、その後化粧材を取り付ける(一般的には、化粧材のみで造られる)

□建物合成をより高める為、小屋裏床面の全面合板張り(一般的には張らない)

□開放的な室内空間を実現する為に、1階部分の天井高2m70cm標準採用(一般的に多いのは2m30cm)

□冷凍庫に使用される発泡率硬質ウレタンの採用(一般的に多いのはサクサクの水発泡タイプ)

□北海道で生産される断熱性とクオリティーの高い樹脂サッシ断熱ペアガラス(アルゴンガス入り)+UVカットガラスの採用(一般的にはアルミのペアサッシ)

輸入住宅になくてはならない、室内の壁の角が丸い純粋な北米式ドライウォール工法の採用(一般的には、メッシュ状の目地処理テープを使用した簡易パテ処理)

□入居後の無駄な出費を押さえる為、リビングポーチ部分の腐らない樹脂デッキ材の採用(一般的には米杉材等の油分の多い木材を使用するが、腐食により、長くて10年で取替えなくてはならなくなる)

□全館空調のベストな組み合わせの実現する為、顕熱熱交換型第一種計画換気システム (ロスナイ型)の採用(一般的には、コスト優先の第三種換気システムが採用されてい る)

□高級感を演出する為、大型の巾木(床と壁の取り合い部分に取り付ける化粧材)及び大型のケーシング(窓やドアの枠の化粧材)の採用(一般的にには、小型のものが多い)

創業昭和四年 安城建築 浅井宏充

間もなく、弊社モデルハウス近くのクラフツマンスタイルの家が完成。

2008.09.12

今回ご依頼頂いたお施主様の奥様のご実家は、弊社の先代が28年前に造らせて頂いたお客様だった。その家で生まれ育った娘さんが、嫁ぎ、新たなご家族を持たれ、ご自身のマイホームを弊社にご依頼頂いた。地域工務店にとって極めて嬉しい循環だと思う。

旦那様からも、「入居後も、もっと大きな看板を付けておいてもらって構いませんから!」と嬉しいお言葉を頂き、そのお気持ちに深く感謝。

今回の家は、ハワイの郊外に建つクラフツマンスタイルをモデリングし、カラーリング次第で、明治村に移築しても溶け込む、少々和のテーストも感じられるクラシックデザイン。どことなく懐かしさを感じ、道行くご年配の方にも好評だと、現場の職人も話してくれた。

 

創業昭和四年 安城建築 浅井宏充

見学会を終えて

2008.09.10

小牧の見学会もお施主様のご好意によりお陰さまで沢山のお客様にお越し頂き心より感謝。

お施主様から今回のご好意の経緯を伺った。

「階段を上っていく時、いつも木全さん(職人)の顔を想い出します」

「トイレにこもって細かな装飾を懸命に塗っている夏目さんを見た時、思わず抱きつきたくなりました。職人さんの為にも是非皆さんに観て頂きたいと思いました」

同じチームの同じ職人が造ることがお施主様と造り手との距離を縮めていると感じた。

ご見学頂いたお客様の中には、遠方より、わざわざ差し入れ持参で起こし下さった方もみえ、お心遣いに感謝を通り過ぎ感激。

あるOBのお客様は、これから家づくりをされるお客様と楽しそうに話され、またあるOBのお客様には、「専務、名刺を下さい!」と言われ、私が「えっ今更どうして・・・?」と思っていると、「安建は宣伝しないので、代わりにしますから・・・」とMさんは仰った。

いつもと同じコメントになってしまうが、安城建築の最大の特徴は、いいお客様に恵まれていることだと思う。

お施主様の奥様がぽつりと言われた。「これから安建さんは益々お忙しくなっていかれると思います。でも、大きくなって欲しくはありません」と。以前、同様のことを他のお客様からも言われたことがある。「安建さんは、私だけの小さなブランドであり続けて欲しい」と。

安城建築(私)が目指しているのは、北米のスーパーホームビルダー(工務店)。

20年前に米国のある小さなホームビルダーを訪問すると、ジーンズ姿の社長が自ら運転する大型ピックアップトラックで彼らの造ったカスタムハウスを案内してくれた。到底大手メーカーには造れないだろうと思われる住宅を少人数で造っていた。訪問したお施主様も大変満足され、彼らがとても誇らしげに思えた。

彼らのライフスタイルの中に溶け込んだビジネススタイルに惚れ惚れした。私が目指す方向性はこれからも変わることは無いと思う。

 

創業昭和四年 安城建築 浅井宏充

受注増に伴い、ハウスアドバイザー(営業マン)募集

2008.09.05

先日、マイホームを計画中のお客様が「安建さんは、家は造っているけど、家を売っていない」とおっしゃいました。この真の意味をお解かり頂けるのは、ごく一部の方だけかもしれない。

このお話しを私のメンターに伝えた処、「それは究極の言葉だね〜」と言われた。

私たち安城建築の取り組みの全ては、お客様も携わるスタッフメンバーも「家づくりを通して心が満たされ始めた」という部分に繋がっています。その為に我々は、常に学習し輸入住宅の各専門分野においてマスターにならなければならないといけないと考えています。

世の中には数多くの仕事がある。しかし、多くの人々は苦行の代償として今の仕事に耐えている気がする。想像して欲しい。あなたが自身の能力を開花し、いいお客様と共に、楽しみながら仕事をしている姿を・・・。それはもはや夢物語ではありません。

自分が携わる仕事の中で、「暮らす方が真の幸せに出逢える瞬間」を目の当たりにすると形容し難い幸福感に包まれます。しかし、凄腕の営業マンでもその様な経験は殆ど無いかと思う。

上記に共感され、実務経験がある方は、代表の浅井までご連絡頂きたく思う。

創業昭和四年 安城建築 浅井宏充

カテゴリー

アーカイブ


モデルハウスのご案内