安城建築
ご予約フォーム

Blog
社長日記

月別アーカイブ:2018年7月

ウレタン遮熱工法+高性能アズビル全館空調の住み心地(西尾市O様より)

2018.07.24

今まで経験したことのない、連日の猛暑。先日、西尾市のO様が電気代の明細を持参して事務所に立ち寄って頂けました。

最近の38度超えにも関わらず、O様の奥様曰く、『少し設定温度を下げると寒い』そうです。

弊社の事務所の外周壁内には次世代フロンを使用した現場発泡ウレタンが70㍉(冷凍庫並み)施工されていますが、これだけの猛暑になると、帰社時に一旦空調を止め、朝再び運転しても中々温度が下がりません。(事務所の全館空調はアズビルではありません)これは断熱材に外部からの熱が伝導しその熱が断熱材自体に蓄熱され、蓄熱式保温材の様になってしまうからです。

この断熱材の蓄熱現象を防止するには断熱材の外側に遮熱の対策をし、熱そのものが断熱材に伝導しない様にすることが求められます。O様宅には高性能の遮熱シートが天井壁に施工されている為、熱そのものを反射してしまう為、この猛暑においても抜群の冷房効果が発揮出来るのです。

気になる全館空調の電気代は、真夏の8月で(40坪程度)で13000円程度です。

奥さんの涙

2018.07.06

先日お引渡しをしましたS様。初めて弊社のモデルにご来場されたのが6年前。その日は、見学会と重なり、ハウスアドバイザー不在にて私がご対応させて頂きました。それから数年に渡り家づくりを研究され、6年目にして念願のマイホームを実現されました。幾度もの試練を乗り越えての家づくりを振り返り、引渡しの当日、そのエピソードをお話して頂きました。

S様の家づくりは土地探しからでした。やっとの思いで見つけた土地。しかし、見つけた土地は建築条件付の土地だと言うことが判明。ご主人曰く、業者さんから建築条件付の詳しいお話をされた直後、奥様が突然大粒の涙をポロポロと流されたそうです。奥様曰く、『もし、安城建築で建てられないのなら、もう家を建てる意味がない・・・』そうまで思ってくれたそうです。(合掌)

そして、奥さんの涙を見た業者さんは、売主側の不動産屋さんに奥様の熱い想いを伝え、建築条件を外してくれる様にお願いしてくれ、承諾してくれたそうです。(実に稀なケースです)私どもからも不動産業者様に心より感謝申し上げます。

常滑の見学会にて

2018.07.01

見学会を終えた翌日、デザイナーの手塚氏から連絡があり、3年前に長久手にて竣工されたN様と昨日の見学会でお会いし、その際、息子さんからお願いごとを言われましたが、丁度その時、他のお客様と話していましたのでしっかりとした受け答え出来ずに申し訳なかったですとのことでした。

N様の息子さん(長男さんで小学校3年生位)からは『いつか自分の家を設計して欲しい』とお願いされたそうです。それに対しての受け答えがちゃんと出来なかったことが気掛かりとなっていたそうです。

それに対し、手塚氏からは、『了解です』との回答。子供達が大人から受ける影響力をご存知だからこその気配りだと思います。

事実、手塚氏の影響により、これまでも瀬戸市のT様の長男さんは大工を志し、西尾市のH様のご長男さんは設計の道を志され、私の次男もその影響を強く受けています。とてもいい好循環が生まれていると感じております。

カテゴリー


モデルハウスのご案内