ブログ

安城建築
モデルハウスの詳細はこちら

Blog
社長日記

月別アーカイブ:2019年7月

職人の粋

2019.07.22

  

写真は先日見学会を開催したT様邸。右側の写真は左の装飾柱をズームした部分。塗装前の施工工程でしか解らない部分だが、この部分を見た瞬間、職人の直向さと粋と正直さが伝わって来ました。

柱の根元部分の角が斜めの為、それに合わせて巾木(ベースボード)をカットするとどうしても凹みのある巾木の中央に隙間が生じてしまう。その部分に手づくりで加工した極小さな埋木を差し込んだ巧みの技である。

誰も気付いてもらえない部分にも関わらず・・・おそらくこの部分に気付いたのは私と塗装職人だけだろう。

家には造り手である職人さんの気が篭ると言うが、この家にはいい気が篭ったに違いない。

住宅から保育園へのリノベーション(改装)工事

2019.07.22

現在、安城市内で鉄骨3階建ての建物から保育園へのリノベーション工事を施工しています。現場管理者の小鹿は元々官公庁工事(小中学校・保育園・高層県営住宅の現場管理をしておりましたのでこの手の工事は得意中の得意です)

今回のリノベーションは構造体のみ残しての大規模リノベーション工事で、断熱+遮熱等の居住性の大幅向上と外観デザインは劇的に魅力を増すことになりそうです。

工事前写真:

当初この外観はどうしようも無いと諦めておりましたが、出来上がった外観デザインを見た瞬間、正直唸りました。凄いと・・・いい意味でその期待を大きく裏切られることとなりました(笑)

完成予想図:

子供の感性は大人を遥かに超えるものがあり、直感的に美しいか否かを見極める本能を持っております。何故か大人になるにつれてその能力が薄らいで行くのではと感じております。よって、弊社の職人達も施工中の現場の前を通る子供達の反応が非常に気になる様です。

この建物も築37年目のリノベーションにより、その資産価値が飛躍的に向上することでしょう。

断熱性能に優れた家が真夏に快適ではない理由

2019.07.20

超高気密高断熱の性能を持つ家が夏の暑さが厳しいこの愛知の地域では通用しない。何故なら超高気密高断熱の考え方は寒冷地で考えられたもので、夏の厳しい日射を考慮してはいない。

先日、北海道出身の建材商社マンと話をしたが、北海道では『遮熱』という考え方は存在しないと言う。夏の暑さ対策を考える必要性が無いから当然である。

一般的に快適な家=高性能な極厚の断熱材が施されている家という認識がありますが、極厚の断熱材は高性能な保温材であり、一旦外部から熱が伝導し断熱材に蓄えられてしまうと室内に熱を放熱し続けてしまう。これを熱の篭り現象といい、日没後にも関わらず屋外より室内の方が暑くなってしまうのです。

その熱の篭り現象を無くすには、断熱材の外側に遮熱材(これも高性能なものから殆ど名ばかりで性能の低いものもある)を施すことにより、熱そのものを反射します。それにより、断熱材への蓄熱はほぼゼロにすることが可能です。

この技術は米国では既に多くの住宅に採用されていますが日本で採用している実例は極僅かで、住宅メーカーでは皆無です。その理由は、家の性能計算をする際に遮熱という概念が無い為、数値に表せず、結果、カタログ上のスペックによる競争優位性にはならない為、優れたものと解っていても採用されないのです。

弊社にて施工中のお客様で、現在、他社施工のツーバイフォー工法の家(遮熱が施されていない)の隣に弊社施工の家が間もなく完成します。施工中なので空調も可動していないにも関わらず、お客様曰く、家に入った瞬間、その違いが歴然ですと言われました。お客様同様、施工している職人さんの多くからも異口同音の感想を聞いております。

※弊社施工の遮熱工法は特許工法です。

http://www.wingate.co.jp/

http://www.ai-home.co.jp/pdf/commemorative_award.pdf

 

住宅営業マンさんに感謝

2019.07.13

今週末の稲沢の見学会のお客様、本日ご訪問した築5年の幸田町のお客様、両お客様に共通する事は、他社の住宅営業マンさんからの助言が弊社に来られた切っ掛けだったそうです。

稲沢のお客様は、名古屋の某輸入住宅の会社に行かれた際、本物のクイーンアンを建てたいとお伝えした処、『だったら安城建築さんに行かれた方がいいですよ』と言われたそうです。

そして幸田町のお客様は、当初弊社で建てたいと希望していましたが、住宅メーカーより高いに違いないと思い込み、総合住宅展示場に行かれたそうです。某ハウスメーカーの展示場に入り営業マンさんに安城建築の様な家を建てたいとお伝えすると、『もし私が住宅営業マンでなければ安城建築で建てたかった。この様な家で安城建築さん以上はありません』と言われたそうです。

 

23年前、モデルハウスが完成した時、何が一番嬉しかったかと思い起こすと、建築のプロからの賞賛が何よりも嬉しかったことを思い出しました。

そして弊社をお勧めしてくれた両営業マンさんに自身には全く徳にならないにも関わらず、弊社をお勧めして頂いたことに心より感謝申し上げます。

 

カテゴリー

アーカイブ


モデルハウスのご案内