ANJO KENCHIKU Since 1923

安城建築
モデルハウスの詳細はこちら
勉強会のご案内
大切なお金を価値ある家に変えるための素敵な洋風住宅の判断基準大切なお金を価値ある家に変えるための素敵な洋風住宅の判断基準

長きにわたって愛され続け、住み継がれてゆく家づくりのために知ってほしい、
いくつかの大切な事柄があります。ぜひ一度読んでみてください。
いつか「この家にしてよかった」と思える日のために、きっとお役に立つはずです。

西洋建築を熟知している
デザイナーであるか。

デザイナーによるスケッチ図面

デザイナーによるスケッチ図面

洋風住宅を造る場合、重要なのは風のデザインにしないこと。流行に左右されずいつまでも美しいデザインにすることが資産価値の持続に繋がります。その為にも海外の建築様式を熟知したデザイナーが必須です。
逆にデザイナーの能力が低ければ、雰囲気だけを模倣した“なんちゃって洋風住宅”となってしまい、近くに正しい建築様式に基づく建物が建った際は、お客さま自身が劣等感に苛まれてしまうことになりかねません。

無料設計の甘い罠にご注意

無料設計の甘い罠にご注意

「無料』という言葉はとても魅力的に感じます。しかし、もしあなたが一流のデザイナーだったとしたら無料で図面を描くでしょうか?
実際、本当に能力のあるデザイナーが無料で図面を描くことはありません。
ではなぜ無料なのか。それは返報性の法則という心理学により、無料で設計を行うことで、お客さまが断りにくくなってしまうからです(スーパーの試食のウインナーも同様ですね)。
設計は、家づくりで成功するための非常に重要な要因のひとつです。安易な無料設計依頼だけはご注意ください。

愛知の暑い夏には、
遮熱+硬質ウレタンの『ウレタン遮熱工法』特許工法

  • 左:遮熱あり、右:遮熱なし(両者とも約22℃)

    左:遮熱あり、右:遮熱なし(両者とも約22℃)

  • 約1時間経過後 左25.1℃、右:30.6℃

    約1時間経過後 左25.1℃、右:30.6℃

  • 高断熱は家づくりの常識となっていますが、夏の暑さは断熱材の性能を上げるだけでは防ぐことはできません(断熱材を厚くしても熱の伝導を遅らせることしかできないのです)。
    世界最先端の米国では、断熱に加えて熱そのものを反射させてしまう遮熱対策が主流となっています。
    超高性能の家は、ウレタン遮熱工法が採用され、それにより本当の意味で夏冬快適な室内環境を実現することができます。

同じ呼び名でも全く異なるものにご注意

ウレタン
断熱材

「高断熱高気密住宅には、硬質ウレタン断熱材が使用されています。
しかしながら、この硬質ウレタン断熱材も種類により性能も様々。
例えば次世代フロンを使用した硬質ウレタンと水発泡による硬質ウレタンとでは、前者の方が2倍硬く高性能であり、壁体内に施工した場合の耐震性も圧倒的な強度を保てます。また、床下は一般的に板状の断熱材が多いですが、硬質ウレタンを吹き付けることにより、全く隙間の無い断熱が実現できます。

ウレタン断熱材

左が次世代フロンを使用した硬質ウレタン、右が水発砲による硬質ウレタン

全館空調
システム

全館空調システムも同じ呼び名でもピンからキリまで。
重要なのはリターンフィルターです。何故この部分が重要かというと、全館空調は室内の仕上げ工事前に壁の中にダクト配管をします(ホテルやビルと同様)。その為、後々ダクトの内部を清掃することができません。よってダクト内が汚れない様にする為には、空気が循環する吸い込み口にあるフィルターの性能がとても重要となるのです。
安価な全館空調では、繊維状のものだけで、小さな浮遊物を取り除くことができずダクト内が汚れやすくなります。
最先端の高性能なものは、電磁式フィルターが装着されており、タバコの煙まで取り除くことができ、ダクト内の汚れ方の違いは歴然です。

安価な建材の注意点

海外のデザインを取り入れ、国内で造られたキッチン

海外のデザインを取り入れ、国内で造られたキッチン

洋風住宅をより魅力的に演出する為に、キッチンや洗面台、玄関ドアを輸入する場合、海外では会社の合併等が頻繁にあり後々のアフターメンテナンスに問題が生じやすくなるので注意が必要です。
これを防ぐには、海外の美しいデザインだけ取り入れ、製造は国内で行うことが一番望ましいと言えます。
たとえば高級輸入車もオートマチックはアイシン製、カーエアコンはデンソー製が組み込まれていると同様の考え方です。

プロフェッショナルチーム

多くのお客さまに共通することとして、使用する建材に気を奪われて、作り手をあまり意識されていないように感じます。
例えば同じ食材を使った場合、ファミレスのアルバイトのコックと一流ホテルのコックとでは、どちらが美味しい料理となると思われますか?
一流ホテルのコックなら秋刀魚を鯛以上の料理にすることもできます。
少し余談となりますが、当然のことながら家は職人の手で造られるもの。
技術と誇りを持ったチームによって建てられた家には、高い完成度とともに、言霊同様、職人達の良き気が宿ります。

プロフェッショナルチーム

経営状況について

経営状況について

家づくりを託す会社の経営状況を意外と皆さん気にされないことに驚きます。
現在、完成補償等の保険もありますが、他社で建築途中の家を快く引き継いで造る会社は少ないと思われます。
今後少子化により住宅着工が減少して行く中で、着実に安定経営していることを確認してください。
また、工務店の場合、継承者の有無を確認することも重要です。