安城建築
ご予約フォーム

Blog
社長日記

月別アーカイブ:2010年7月

『輸入住宅には無くてはならないドライウォール工法』・『安城建築は、全棟全室ドライウォール標準仕様です』

2010.07.30

前回瀬戸での見学会の際、初めて見学会に参加されたお客様が、『全室ドライウォールなんですか!?』と驚かれていました。某ツーバイフォー大手メーカーだと、ドライウォールモドキのものが㎡辺りおよそ5000円というから驚きます。単純に40坪程度の住宅の場合、一棟丸ごとドライウォールを施工すると600㎡程ありますので、600㎡×5000円=300万円!!!腰が抜けそうになります。 私が言うのも何ですが、弊社で建てられた方は、如何に良心的かをご理解頂けるかと思います。

弊社のドライウォールは職人自ら米国のベテランドライウォーラーの元で修行し習得したもので、隠れてしまう部分ですが、下地のドライウォール専用の石膏ボードを使用し、北米同様の手順によりボードが張られ、その下地に対し、純粋な北米式のドライウォール工法が施工されています。

職人曰く、以前、師匠の米国人ドライウォーラーに石膏ボードの張り方が悪く、『何だ!このボードの張り方は!後からクラック(ヒビ割れ)が生じるから張りなおせ!』と酷く怒られたとか。師匠の帰国後もその教えは忠実に守られています。

創業昭和四年 安城建築 浅井宏充

続、大府市レッドハウス

2010.07.30

仮設足場が外れました。撮影したのが夜でしたので、解り難い写真ですがご勘弁下さい。
この色使い、好き嫌いは分かれるかとは思いますが、長年人々から愛され続けてきた伝統的建築の建物を参考にしているため、カラフルですが、とても品とセンスの良さが感じられます。

私の家族がこの家を観て、の第一声は『今までの安城建築の家とは違う』でした。

この建物をひと言で例えるなら、輸入住宅というより、『洋書から飛び出した正統派のクラシック洋館』でしょう。ディズニーランドにそのまま移築しても同化し、来園客も全く気付かないレベルの完成度だと思います。

この家は、200年経ってもデザインそのものが色褪せることは絶対にないでしょう。
設計を手掛けた手塚氏の夢である『重要文化財として指定される建物を造りたい』、それはこの建物を見れば、夢物語ではないことが解ると思います。

見学会は、8月22日に予定しています。見学会の案内はモデルハウスご来場の方で住所登録されたお客様に限らせて頂いております。大切なお客様のプライバシー保護を考慮し、HP上での現地公開はおこなっておりませんのでご了承下さい。

創業昭和四年 安城建築 浅井宏充

『安城建築にご関心がある方へ』

2010.07.28

『写真よりやはり実物は全然迫力が違う』

完成現場の外観見学巡りに同行した際、お客様が言われる言葉です。

実物を観ることにより、細部の造り込みや質感を、ダイレクトに感じることができます。先日もガーデン作業をしているお客様や、屋外でバーベキューをされているお客様とお話しを交わされ、実際の暮らしを直接お聞きになっているお客様もみえました。

完成現場巡りは2時間程度で観て廻ることが可能です。ご希望される方は、弊社ハウスアドバイザーの澤までお気軽にご連絡下さい。

又、施工中の現場をご案内することも可能です。但し、現場の場所により、完成現場巡りよりは時間を要しますのでご了承下さい。

創業昭和四年 安城建築 浅井宏充

全館空調の普及を妨げるもの

2010.07.27

先日、全館空調メーカーの営業マンから全館空調の現状を聞いた。

営業マン曰く、お客様からの直接の問い合わせは多いが、業者側はかなり消極的だという。

確かに弊社のモデルに来場して下さるお客様の話でも、他社では、「全館空調は初期投資も大きいし、弊社の家は気密断熱性能が高い為、ルームエアコン2台もあれば充分快適なので必要ありませんよ」等の説明をされたとかで、導入にはとても消極的な感じを受ける。

業者が導入を嫌がる実際の理由は、初期投資が大きいため、全体の予算が膨らみ契約しづらくなってしまうこと。二番目に施工実績がないこと。三番目に施工実績がないため全館空調の快適性を伝えきれないこと。四番目に気密断熱性能が悪く、ランニングコスト等で後々のクレームになることを恐れていることなどが考えられる。

全館空調の営業マン曰く、建物により(大手を問わず)物凄く断熱、気密、遮熱性能が異なり、全館空調の会社のパンフレットに明記してあるランニングコストより大幅にアップしてしまうケースも少なくないという。

ユーザーの皆様へのアドバスとして、全館空調を導入される際には、実際に気になる会社の家に暮らすお客様に直接尋ねることをお勧めしたい。

創業昭和四年 安城建築 浅井宏充

屋根職人

2010.07.27

現場で、先日ご紹介した屋根職人がこんな話をしてくれた。

『安建の家はひとつとして同じ家がなく、正直難易度は極めて高いです。毎回、どの様に納めたらいい納まりになるかをいつも考えています。』

彼の言う通り、安城建築の家はマニュアルだけでは造ることができない。施工棟数を制限せざるを得ない理由もそこにあり、技術と信頼のおける職人芸を持った職人でなければ、お客さんの期待値を越えること出来ないし、我々もワクワクする作品とならないからだ。

屋根に上がり、彼の仕事を見て職人としての粋を感じた。誰も気付くこともない部分かもしれないが、よりいい仕事を残したいと思わなければ出来ない小さな工夫。目を凝らして見て欲しい。小さなクリップで屋根材が留められているのが解るだろうか?

急勾配屋根は何もかもが滑り落ちる。急勾配屋根の上で効率よく仕事をする工夫はさすが職人。

創業昭和四年 安城建築 浅井宏充

『掛けた時間が違います』

2010.07.26

輸入住宅風の住宅と本物の輸入住宅との違いを問われて建築家の手塚氏はそう説明してくれた。

上記の答えを勘違いされる方がいるといけないので補足説明をすると、あくまでも長年西洋建築の勉強をしてきて、尚且つ努力と経験を積み続けてきたベースがある状態であることは前提として、『目の前にある1棟の現場の取組みに要した時間』のことである。

『安城建築の家は重みがある』、『細部が違う』と時折お客様から言われることがある。

手塚氏の言う通り、手塚氏も、コーディネーターも、現場監督も、職人も掛けた時間が違う。それは確かである。

私が細部の図面を表に出すことを嫌がった時、手塚氏は、『多くの業者が我々を目標にしてくるでしょう。日本の輸入住宅のレベルが上がることに貢献でき喜ばしいことです。しかし、その時には、我々は彼らより更に高い位置にいるでしょう』と笑みを浮かべながら話してくれた。

⇒名古屋市で間もなく着工するビクトリアンスティックスタイルのK様邸。このディティールを元に、現場監督が詳細施工図を描き更に完成度を増す作業をおこなっいていく。

創業昭和四年 安城建築 浅井宏充

屋根職人と外装職人の話

2010.07.23

一般的に職人が自分の仕事が終わった後、手直し工事でもなければ再び現場に行くことは無い。しかし、先日も瀬戸の現場が最終的にどの様に仕上がったのかがどうしても気になり、休日に職人同士誘い合い確認して来たと言う。しかし、そう思うのは安建の家だけだという。(当然、彼らも様々な会社の仕事をしている)

職人気質の彼らがお世辞を言うとも考えられず、正直大変光栄に思う。

特に真夏の屋根の上の暑さは半端ではない。黒いルーフィング(屋根材の下地の防水材)は焼け、長時間その上で仕事をすると足の裏を火傷する。そして、急勾配の屋根の場合、屋根足場に摑まらなければ移動すら出来ないが、この鉄管も屋根同様に焼け、軍手をはめていても短時間しか握ることができない。

安城建築の家づくりは、彼らの労と志によって支えられ、ひとの感性に響く家となっていく。

創業昭和四年 安城建築 浅井宏充

レッドハウス

2010.07.22

大府市に建設中のイタリアンテスタイルの『レッドハウス』は安城建築創業来の配色と言える。塗装職人の夏目も職人生活始まって以来の配色に始めは怯えていたことだろう。

しかし!実物を観た瞬間、確信にかわった。『メチャクチャ格好いい!』

お施主様であるU様ご夫妻は、当初から弊社の大ファンでいてくださり、U様からのスタッフや職人への信頼が、職人魂に更に灯を燈し、完成度の高いものづくりへと繋がったのではと思う。

レッドハウスの見学会は、お客様のご好意により8月22日の予定。

創業昭和四年 安城建築 浅井宏充

レンガの家とメンテナンス

2010.07.09

外装にレンガ積み若しくはレンガ張りを希望される方は、外壁の塗り替えメンテナンスを無くす目的の方が多い様です。しかし、残念ながら永久的にメンテナンスフリーを持続できるレンガ張り若しくは積みの住宅を私は見た事がありません。

外壁そのものの塗装の必要性が無くても、屋根材に瓦や天然石を使用しない限り、屋根材の塗り替えや葺き替えが必要となります。

又、例え瓦等のメンテナンスフリー材を使用しても、軒裏まで含めて全てをレンガ張り若しくはレンガ積みにして、永久的に塗装の必要の無い様な仕上げにする必要があります。

更に、屋根、外壁、軒裏以外の部分の破風(屋根軒先の樋が取り付いていない部分)や、鼻隠し(屋根軒先の樋の取り付く部分)までをもメンテナンスフリーにする必要があります。

そうしなければ、例え外壁部分の塗り替えの必要がないとは言え、外壁以外の部分のメンテナンスをする際には必ず仮設足場や養生ネットが必要となり、メンテナンス費用を大幅に削減できるわけではないのです。

外壁の一部をレンガ積み又はレンガ積みにするなら問題も少ないと言えますが、外装の大半を同様にする場合、私が最も心配することが2つあります。ひとつは増改築やサッシの不良によりサッシを丸ごと交換しなければならなくなった時。極めてコストアップとなります。

もうひとつは、万が一シロアリが入った際、サイディング張りの様に簡単に剥がせて躯体を修理することが出来ません。構造躯体そのものがレンガ造ならその様な心配はありませんが、日本で建てられる住宅の多くは、木下地でレンガ積み若しくはレンガ積みの家が殆どと言えます。

メリット、デメリットを充分理解して頂き、満足の持続する家づくりのヒントになれば幸いです。

⇒この建物こそが、レンガのメンテナンスフリーな建物。破風、鼻隠し、軒裏まで全てレンガで施工されている。(この建物には軒樋はありません)

創業昭和四年 安城建築 浅井宏充

瀬戸支店長からのメッセージ

2010.07.09

T様こと、通称瀬戸支店長から瀬戸市でのオープンハウス開催にあたり、下記メッセージが届きました。

同じ瀬戸市での見学会、私も楽しみにしています。今回も見学会会場にお手伝いに行きますので、皆様とお会いできることを楽しみにしています。

現在建築中のお客様は、今現在のワクワクしている気持ちやこだわりの家づくり物語を聞かせてください。

そしてマイホームを計画中のお客様は、どんな外観・室内にしたいのか?どんな生活・人生を過ごして行きたいのか?ぜひ、お話を聞かせてください。

皆さんと家づくりについてたくさんお話をして、楽しい一日を過ごしたいと思っています。

個人的に、クラフツマンスタイルの家は大好きです。
ハワイ・カナダ好きの人にはたまらないかと思います。

追伸、今回の見学会会場から車で10分程で通称瀬戸支店長こと私の素敵ハウスがありますのでご興味のある方は、外観や庭を観ていってください(笑)。
(輸入住宅マスターからのお詫び)
今回の瀬戸会場ですが、前回の豊田市の見学会同様、駐車場を確保することが困難だった為、OBのお客様にはご案内状をお送りすることが出来なく、大変心苦しく感じております。恐縮ですがご理解頂けましたら幸いです。

創業昭和四年 安城建築 浅井宏充

カテゴリー

アーカイブ


モデルハウスのご案内