100年経っても愛される塗壁の2世帯住宅

高台に建つ塗壁の家、屋根の傾斜の先がくるりと上に跳ね上がったデザインは外観の魅力をより深めています。2世帯住宅で、1階にメインのキッチンダイニングがあり、2階にはミニキッチンがあります。リビングは1・2階それぞれにあり、落ち着けるようになっています。

ヨーロピアンスタイルとは
米国の建物が木目板を使った外壁のイメージに対して、ヨーロッパの国々の建物には、その気候風土から、塗り壁やレンガ、石で仕上げられた外壁のものが多く見られます。 英国、フランス、ドイツ、スペインなどの建物には、それぞれの国の気候風土や文化を背景とした建築様式があることから、建築様式を一つにまとめて表現することはできません。共通している点としては、外壁に使用される材料の他に、外観のデザイン面において複雑な形状ではなく、角の少ない四角で構成されたシンプルな形状があります。 米国の建物もヨーロッパの国々の植民地となっていた歴史から、その影響を受けた建物になっており、塗り壁、レンガなどによる外壁の建物をよく見かけます。しかし、ここでいうヨーロピアンスタイルの建物とは、塗り壁、レンガ、石による外壁仕上げで、段差や凹凸で外壁表面の変化を持たせたデザインの建物となります。 重厚感のある英国の建物、塗り壁で窓が整列しているフランスの建物、塗り壁と瓦屋根の組み合わせが特徴的なスペインなどの南欧の建物をヨーロピアンスタイルとしています。

住まいのデータ

  • 1階床面積:82.2
  • 2階床面積:82.2
  • 施工面積:171.20
  • 4LDK
  • 建築時期2011年8月