安城建築
ご予約フォーム

フィロソフィー

モデルハウスのご案内

ORDER HOUSE
注文住宅だからできること

満足度が違うワンランク上の注文住宅

安城建築の家は、
人の手間と時間をかける手づくり注文住宅です。

注文住宅の満足度の違いとは…

注文住宅は多くの場合、耐震性や省エネ性などの性能面と、使いやすさや収納量などの機能面を主体としてつくられます。
その結果、手にしたのは満足の続かない家という現実があります。では、高い満足度を得ている注文住宅とは、どのような違いがあるのでしょうか?

バランスの取れた家

住宅には大きく「性能」「機能(間取り)」「デザイン(外観・室内)」の3つの要素があります。

現在、日本の住宅で最も重視されているのは性能です。次に機能が続き、そしてデザインが最後となります。家づくりの多くの場合、お金も時間も性能と機能に費やされ、デザインが重視されることはまずありません。

では、海外の住宅はどうでしょうか。実は日本とは真逆にデザインが最も重視され、機能、性能の順となります。「機能、性能は住宅に必要な水準に満たされていることが当たり前で、その前提のもとに見た目のデザインが一番重要」とされているのです。その根底には、どれほど性能や機能が優れていても、デザインがよくなければ時間の経過とともに住宅としての価値が下がってしまい、自分の財産が失われるという考えがあります。

日本の住宅 性能   ― 機能 ― デザイン
海外の住宅 デザイン ― 機能 ― 性能

改めて考えてみると、その当時最新だった性能は、10年も経過すればそうではなくなります。家庭環境が変化すれば、最良として考えた機能も使いにくいものになってしまうかもしれません。現実として日本の住宅の寿命は、わずか30年ほど。それに対して海外の住宅は50年以上。その差は、住宅づくりに対する考え方の違いです。

一生の買い物であるマイホームの寿命、30年と50年のどちらを選ぶべきでしょう。

分譲住宅よりお金を払ってでも手に入れたい注文住宅は、そのコストに見合う価値がなければ満足することはできません。

高い満足度を得ている注文住宅を手に入れる方法の一つは、まずは性能、機能、デザインにおいて偏りのないバランスの取れた住宅づくりをすることです。

建築士のセンスと能力

満足度の高い注文住宅を実現するには、何と言っても優れた設計が不可欠。それには建築士のセンスと能力が必要です。

住宅をつくり上げるためには設計、現場監理、技術が欠かせません。どれも重要な役割ですが、まずは設計がしっかりしていることが求められます。それは、たとえ有能な現場監督と腕のいい技術を持った職人が揃っていても、彼らは与えられた設計通りにつくることが本務のため、設計以上の住宅に仕上がることがないからです。

また、優れた建材や設備は費用をかければどの住宅会社も調達することができますが、設計はそうはいきません。センスと能力を持った建築士に手がけてもらう以外には手に入らない。絵が上手ではない人にどれだけお願いしても、飾りたくなる絵にはならないのと同じです。

もちろん、現場監理も技術も当然ながら重要です。設計がどれだけ優れていても、現場監理が疎かであったり、職人の腕がなければ質の問題となってしまいます。しかし、建築の礎となる設計のクオリティは、すべてを左右します。センスと能力を持った建築士にマイホームの設計を依頼できるかどうかが、満足度の高い注文住宅を手に入れる鍵と言えます。

センスと能力を兼ね備えた建築士とは…

室内と外部の見え方や使い方を同時に構想し、施主様が見た瞬間にワクワクして感動する図面を提案できること。また、普遍的なデザインについて学んでいることも建築士として重要な要素と言えます。なぜなら、日本で建築の道を進む場合は工学の分野を学ぶことになり、デザインを学ぶ機会はほとんどないからです。一生の買い物にもかかわらず、わずかな年数で色褪せてしまう流行のデザインでつくられた住宅では、耐用年数が過ぎる前に取り壊されることになってしまいます。

満足度の高い注文住宅は、ドラマーが左右の手と足を同時に操り演奏するのと同じように、室内、外部を同時に考えながら設計を仕上げます。

高い満足度を得るために必要なもの

建材や設備ではなく、美しさ、快適さ、心地よさ

弊社でマイホームを建てたお客様に入居後の住み心地をお尋ねすると、とても高い満足度を得ていることがわかります。では、どんなことが高い満足度を実現しているのでしょうか。

それは暮らしの中で感じる快適さ、楽しさ、心地よさ、そして幸福感です。

つまり、日々の暮らしを通した体験から感じられることが満足度の高さにつながっているのです。建材の材質、設備の性能など物質的なものから得られる満足もあるかと思います。しかし、その部分が強調されることはほとんどありません。建材や設備によるものばかりだったとしたら、その満足が永遠に続くことはきっとないでしょう。

感じることによる満足は、性能で選ばれた設備とは違い、時間が経過しても持続し愛着となっていきます。

美しさ、快適さ、心地よさといった精神的な満足と愛着を得られる家に住んでいる人は、自分の家よりお金がかけられた大きな家を見ても、「自分の家が一番」という思いを持っています。その思いが、高い満足度の注文住宅を証明しています。

注文住宅をつくる上で「どう感じるか」に焦点を合わせることは、とても重要だと言えるでしょう。

モデルハウスのご案内