安城建築
ご予約フォーム

フィロソフィー

モデルハウスのご案内
想いをカタチに想いをカタチに

私たちの家づくりには、いくつかの譲れない想いがあります。
そのひとつは、何年経っても色褪せない価値を持った家であること。
価値というのは、住む方の誇りであると同時に資産価値でもあります。
輸入住宅でありながら日本品質にこだわるのも、こうした想いの表れ。
住む方と同様に、私たちつくり手も次代に胸を張れる家づくりを続けます。

安城建築の家づくり思想

−4つの基本原則−

1資産価値の
持続する家であること

流行に左右されないクラシックなデザインは、時を経てもいつまでも美しく、暮らす家族の誇りとなります。懐かしさを感じる意匠は、道行く人の心までも和ませることでしょう。さらに、クラシックなデザインが有している最大の魅力は、30年経った後でも「こんなにも美しい家なら高値でもほしい」「借りたい」と思う方々が必ずいることです。憧れの対象となる家はやがて資産となり、あなたの生き方の選択を広げてくれるのです。

このような理由から、世界一の住宅先進国である北米では住宅の価格が下落しません。

これは実話ですが、以前弊社で家を建てられたお客様より売却依頼がありました。その家は地域の不動産屋さんの評価価格より1,000万円以上の高値で売買されたのです。

2誇りの持てる
家であること

複雑化する現代社会の中では、ときとして自己の重要感が薄くなることがあります。せめて家にいるときは、あなたがあなたらしく過ごせる時間であってほしい。そのための場所にしてほしい。

家づくりは、よりあなたらしい生き方を表現できる最大のチャンスです。私たちの建てる家には、一つとして同じものはありません。家族構成やライフスタイル、趣味嗜好は十人十色。同じ家族がいないように、世界に一つしかない家を注文建築で叶えていただきたい。あなたと家族がいつも笑顔で暮らせる家を、専門チームでサポートいたします。
(専門チーム=プロフェッショナルチーム ホームアドバイザー・デザイナー・実施設計設計士・構造設計士・インテリアコーディネーター・現場監督・職人)

3北米思想住宅を
日本品質でつくること

輸入住宅という言葉があります。ひとくちに輸入住宅と言っても、何を輸入しているのか、その定義は曖昧です。建材なのかデザインなのか工法なのか───。すべて正解ですが、私たちの言う輸入住宅の根幹にあるのは、そこでの豊かな暮らしそのもの。「輸入思想住宅」と呼び換えた方がよいかもしれません。

何世代にもわたって住み継がれていく、愛おしい我が家のために。海外の優れた設計思想をベースに、メンテナンスが必要とされる部分には日本の優れた製品を使用し、美しい佇まいはもちろん長期的なメンテナンスの心配なく暮らすことができる住宅を実現しています。

4プロジェクト(家づくり)に関わる
スタッフ
および職人が
誇りを持てる仕事を残すこと

年間の受注棟数をあえて制限し、いい家をベストチームだけでつくる。

道行く人が足を止め、思わず見上げる。その目線の先にある、家。引退したとき、胸を張って孫に自慢できる仕事を残していきたい。熱く揺るぎないその思いを常に心に秘めて、すべてのプロジェクト(家づくり)に取り組んでいます。

モデルハウスのご案内